赤ちゃんのアトピーのケアについて

赤ちゃんは湿疹やカサいたりと、アトピーなのかわからない症状がでることがあります。

 

病院でしばらく治療をしながら様子を見ているうちに良くなることもありますが、
すぐには判断ができないこともあり、素人判断はできません。

 

そのため、まずは皮膚が気になる時には早めに医師に相談するようにして下さい。

 

自分がアトピーの場合は子どもも・・・と思うかもしれませんが、両親とも違う場合
気付くのが遅くなってしまうことがあります。

 

もちろん、アトピーでなくても敏感肌や乾燥のケアに赤ちゃんのアトピークリームは有効です。

 

保湿をして、きちんとお肌に潤いを与えてあげるだけで症状が改善されて、あまり
気にならなくなることがあります。

 

大人でも肌が乾燥すると痒いものです。

 

口コミでも評判の赤ちゃんのアトピークリーム「メトセラes-27クリーム」は乳幼児
だけではなく、妊婦さんも使うことができてステロイドも入っていないので安心です。

 

アトピーのケアはある程度継続が必要です。

 

赤みや痒みがひいた後も、しばらくは皮膚の症状を見ながら少しずつ減らしていき、
焦らずゆっくりと向き合っていきましょう。

 

アトピーが治るまでどのくらい掛かる?

アトピーが治るまでの期間ですが、個人差があり「長期戦」になることも多いです。

 

成人アトピー治療の場合は、改善と悪化を繰り返しますが、乳幼児の場合では
成長とともに改善し、自然に治ることも。

これは成長していくと皮膚のバリア機能も強くなっていくためですが、アレルギーや
状況によっては大人になっても一生付き合っていかなくてはいけないかもしれません。

 

しかし生活に気を遣っていれば、ほとんど気にせず暮らせる人も多いので、
生活や体を変えていくことが大切なのです。

 

治療の相性もあれば、症状、遺伝など様々なな状況によって変わります。

 

アトピーの原因はひとつではないし、それぞれの体質や生活環境によっても変わるため、
当然のことながら「治るまでの期間」はわからないのです。

 

ただ、悪いものを排除し、良い物を取り入れることや原因をなくしていくことで、
より良い状態にすることはできますし、赤ちゃんのアトピーにクリームをきちんと塗布し、
保湿をしてバリア機能をしっかりさせていくことも大切です。

 

治るまでの近道を考えるのであれば、信頼できる医師の治療を守っていくことと
赤ちゃんにも安心のアトピークリームや保湿剤で炎症や痒みをおさえて、
悪化しないようにしてください。