アトピーを持つ親御さんが気をつける事

悩み

お子さんがアトピーだと、親御さんは自分を責めることがあります。

可哀想だと思っているだけでは、子どもはよくなりません。

 

まずはお子さんと一緒に前向きに治療をしたり、改善していくことを心がけることが
大切ですが、決して神経質になりすぎたりイライラしないようにして下さい。

 

基本的に原因になるものは排除することが大切です。

 

症状によっては、ときにはステロイドは安心できないとはいっても、まずは使用して
痒みを落ち着かせて、睡眠不足にならないようにしたり、掻かないようにすることも
必要になる場合があります。

 

また赤ちゃんでも使えるアトピークリーム「メトセラes-27クリーム」のように年齢
問わず使えて、しっかり皮膚が乾燥しないように潤いを与えていきましょう。

 

焦らずに肌のターンオーバーを考えて、まずは継続すること!

 

そしてインターネットなどで情報はたくさんありますが、信頼できる医師が見つかったら
処方された薬の使い方をきちんと守って使うようにして下さい。

 

親がきちんと守ってあげることで、副作用の心配もないし、治療の効果を実感できたり
症状の緩和へと繋がっていきます。

 

 

赤ちゃんのアトピークリームでも不安がある方は、お試しや試供品をきちんと使い
パッチテストをすることをオススメします。

 

赤ちゃんアトピーとステロイドについて

メトセラ

赤ちゃんのアトピーにステロイドを処方されることがありますが、
使わないとかステロイドは安心できないと医師の言う通りにしない方がいます。

 

それで症状がよくなるかというと、治療していなければ良くはなりません。

 

もちろん対処療法ですし、使わないならそれに越したことはないとは思うのですが、
かゆみが耐え切れずに辛い思いをするのであれば、まずはそれを落ち着かせる
ことが必要になる場合もあります。

 

赤ちゃんが睡眠不足になるだけではなく、かゆみを我慢させようとする親も
睡眠不足になり、イライラしたり親子関係や夫婦仲が悪くなることもあります。

 

それならば、症状を落ち着かせるだけの間使いながら、ステロイドで安心をせず、
体質や食事改善なども一緒にしていく。

 

赤ちゃんでも使えるアトピークリームで、しっかりと保湿をして乾燥しないよう
皮膚のバリア機能をサポートしてみてはどうでしょう。

 

最初の一歩として必要だとしても、ずっと使い続ける必要はありません。

 

症状に合わせて処方される薬が強ければ、今の赤ちゃんの皮膚の状態には
必要だということです。

 

赤ちゃんにアトピークリームを使いながら、最後は脱ステロイドで安心生活を
送れることを目標にしていきましょう。